クリミナル・マインド

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

ABOUT クリミナル・マインドについて

CATEGORY カテゴリー

WRITERS プロフィール

三村美衣
(みむらみい)

書評家。雑誌「活字倶楽部」、「SFマガジン」、産経新聞などで書評連載中。趣味は仕掛け絵本の蒐集。


12月 過去シーズン再放送のお知らせ

来年1月からの第7シーズンに先立ち、過去シーズンを再放送します。


【第5シーズン】 12/17(月)深夜2:00~ 一挙放送
【第6シーズン】 12/23(日・祝)深夜2:00~ 一挙放送
【特命捜査班レッドセル】 12/18(火)午後1:10~ 連日放送


詳細スケジュールはWOWOW公式サイトをご覧ください。


待望の新シリーズ放送開始まであと少し。どうぞお楽しみに。


クリミナル・マインド7 FBI行動分析課
2013年1月8日(火)よる11時スタート
[二]毎週火曜よる11:00/[字]毎週水曜深夜0:10

2012.12. 4|お知らせ|コメント(1)トラックバック(0)

「クリミナル・マインド7 FBI行動分析課」11/3(土)第1話先行無料放送!

お待たせしました。待望のシリーズ再開です!
2013年1月8日(火)よる11:00スタートの本放送に先駆け、「クリミナル・マインド7 FBI行動分析課」第1話を先行無料放送します。


11/3(土・祝) [WOWOWプライム][二カ国語版]午前11:30
第1話先行無料放送。
BS放送をご覧になれる方ならどなたでもお楽しみいただけます。


注目の第7シーズン、どうぞお見逃しなく。
ご友人・知人にもぜひお知らせくださいね。


WOWOW公式サイトはこちら


また、11/2(金)より第6シーズンを一挙放送いたします。
スケジュール等合わせてご確認ください。
スケジュールをチェック>>

2012.10.26|お知らせ|コメント(1)トラックバック(0)

マシュー・グレイ・ギュブラー来日レポート

半年ぶりのブログ更新です。12月4日に、第5シーズンの先行放送が行われましたが、エピソードガイドは本放送がはじまる1月25日からいつもの通り放送終了後に更新されます。それに先立ち、今回は、緊急来日したドクター・リード役マシュー・グレイ・ギュブラーの来日の様子をご報告。毎日マシューを見ながらノートPCを開いて書いてた公式ページの緊急来日レポート(movieもアップされているので、そちらも併せてご覧ください)より、ほんの少しだけインサイド・エディションでお届けします。
■マシュー到着
15:30に成田空港に到着すると、20名くらいの女性が集まって到着ゲートに熱い視線を送っていた。いったい誰が到着するんだろうとのぞき込んでみたら、手には「I LOVE MATTHEW」と書いたボードが! その後もファンは増え、関係者も次々に集合、さらに海外旅行から帰国した人たちや、到着した外国人観光客まで興味津々の様子で到着ゲートを囲み、17時をまわったころには、数十人の人垣ができあがっていた。その瞬間、歓声が響き、手にしたカメラや携帯が一斉にゲートの方に向けられた。日本に第一歩を踏み出したマシューは、この出迎えたファンに一瞬驚いたような表情で立ち止まり、それから両手を高々とあげて「イエーイ!」と挨拶。カジュアルなチェックのシャツにグレーのジャケット。丸っこい黒ぶちのメガネに、髪は爽やかなショートカット。ちょっと手をあげて「ハイ」と挨拶するリードとは違って、両手をあげたマシューの全身からは、陽気さがあふれ出てくる。そしてそのままファンの方に直行すると、端からハイタッチ。ハグしたり、サインしたり、握手したり。空港警備の方が通路と安全確保のために、ポールとテープで仕切っていたが、マシューは身を乗り出して、テープごしに後ろの方のファンともハグ、ハグ。かと思うと、たまたま日本にやってきた外国人女性と肩を組んで、ファンの携帯カメラに向かってポーズ。目の前を一瞬で通り過ぎてしまうだけだと思ってたファンも大感激。混乱と興奮(マシューも後日「空港での出迎えには驚いたよ。興奮して、たまたま居合わせただけのお年寄り人とも握手しちゃった。驚かせてごめんなさい」と話していた)を振りまき、「明日のお寿司が楽しみだよ」と言い置いて空港を後にした。
■回転寿司
その「明日のお寿司」というのは、12月4日のWOWOW冬の無料放送「WOWキッチン」で放送された、「マシュー・グレイ・ギュブラーWOWキッチン・プロファイル」の収録のこと。場所は六本木ヒルズの回転寿司屋さん「ぴんとこな」。撮影は奥まった場所にある掘りごたつ式のボックス席。狭い通路に照明やカメラやモニターがセットされていて、密着レポートを書けと言われても、にじり寄るスペースもない。撮影場所よりさらに奥に入って、お寿司が流れるレーン越しにボックスをのぞける座席を発見、ここでノートPCを開いてメモをとる準備をしていたら、「オハヨウゴザイマス。イエ~イ!」という陽気な声と共にマシューが到着。撮影スタッフみんなにと挨拶しながら座敷にあがってきたマシューは、なんと撮影場所を通り過ぎてそのまま奥まできて「オハヨウゴザイマス」。こちらもつい日本語で「おはようございます」と挨拶を返しちゃいました(笑)。お店に到着したときはグレーのジャケットに藤色のシャツを着ていたのに、店内に入るとすぐに上着は脱いでしまって、オリジナルな恐竜イラストのピンクの半袖のTシャツ姿に。収録の前にイベント前に顔合わせにやってきた吹き替えの森久保祥太郎さんとしばし歓談。この初対面の様子は必見です。ぜひとも公式レポートのmovieをごらんください。
■WOWキッチン撮影開始!
マシューは割り箸を割って、セルフのお茶を入れ、つづいて流れてくるお寿司をチョイス。アボカドロール、穴子、炙りサーモン、炙りマグロなど次々にとり、炙りサーモンで「ユニコーンみたいな神秘な味」と絶賛。ちなみに穴子は「クリスマスの味」、マグロは「潜水艦から手を伸ばして捕まえた魚の味」だそうです。番組は大澤亜季子アナがマシューをプロファイルするというコンセプトで、お寿司のお皿に混じってレーンを流れてくるイラストボードをネタに、日本の印象や、イラスト、靴下の話などを質問。収録の最後はWOWキッチン・スペシャル・レシピのおもてなし寿司が登場。FBIにちなんで、F=フォアグラ、B=ビーフ、I=イカとキャビアをそれぞれ軍艦にしたもの。マシューは美味しいを連発。しかしこの収録、朝の10時からスタートしていて、実はマシューは朝食を食べたばかり。さらに生来、喉が細い性質なのにお寿司をつぎつぎに一口でぱくりとやって、上手に噛み切れずに苦戦する場面も。ところがそんなときも「ごめんね、お腹がいっぱいなのと、喉が細くて飲み込むのがたいへんなんだ。でもとっても美味しいよ」と何度も繰り返して、周りへの気遣いを忘れない。カメラマンのリクエストにも気軽に応じてくれるし、収録が終わったあと、スタッフ、お店の人に幾度も「ありがとう」という言葉を繰り返す。そういえば話が監督を務めた「クリミナル・マインド」に及んだとき、番組クルーを「素晴らしいスタッフなんだ」と絶賛していたけど、こんなマシューだからみんな力を尽くしてくれるんでしょうね。
■リード来日イベント
3日目の午前中は、都内のスタジオで、スチール写真と、WOWOWの番組オフィシャルとDVDの発売に向けたムービーの撮影(この様子も公式レポートを読んでね)。午後は待望のファン・イベント。応募総数2000通の中から抽選で選ばれた100名の幸運なファンが会場につめかけ、午後2時に開幕。イベントのナビゲーターの森久保祥太郎さんの提案で、みんなで声をあわせて「リード!」と呼びかけるとマシュー登場。両手を掲げて「イエ~イ!」のいつものポーズで挨拶。と、そのまま客席の中に突入し、ハイ・タッチをしながら会場の通路ををぐるっと駆け抜ける。来日3日目で、自由時間はたったの1時間だけ(六本木ヒルズの森美術館に行ったそうです)、という強行スケジュールなのに、相変わらずのハイテンションとサービス精神。トークの冒頭、森久保さんが「ああリードだ」という感想をもらした。この3日間、ちょっと離れたところから見ていて、リードとマシューって全然違うと思っていたのだが、最も身近な場所からリードとマシューを観察している森久保さんの意見は逆。さらに「最初の頃のリードは掴み難かったけど、最近は自然体でかっこいいお兄さんぽくなって演じやすい」と言っていたのが印象的だった。
■サプライズゲスト登場
その後さらに昨日につづき、またもマシューの提案で、即興の吹き替え。今回は森久保さんの日本語をマシューが英語にするという、逆向きのパフォーマンスを披露。そしてサプライズゲスト登場!「キャストはみんな仲がよくて、13時間~15時間くらい撮影があるのに、週末にも顔をあわせてご飯に行ったりするんだ」とリードが語ったところでサプライズ。「オフの土曜日なのに」会場にやってきた、ロッシ役の小川真司さん、ガルシア役の斉藤貴美子さん、モーガン役の咲野俊介さんが紹介された。マシューは森久保さんが一瞬止めようとしたのもおかまいなしで、壇上からすたすたおりて、会場の3人のところに直行。それぞれと握手したり、自分のカメラでツーショット写真を撮影。そんな様子に壇上の森久保さんが思わず「自由だー」と呟き、会場は爆笑につつまれました。最後に客席まで含め全員で記念撮影。マシューにポーズの指示を受けて、「ロマンチック」と「クール」バージョンを撮影。投げキッスを振りまいて、森久保祥太郎さん曰く「まわりの空気を明るくする、嵐のような男」、マシュー・グレイ・ギュブラーは去っていったのでした。

【日本の印象】
成田空港で「日本に来た感想は?」という質問に、「まだ3分しかたってないけど、とってもエキサイティングだ」と答えたマシュー。翌日のインタビューでは「日本は、ナルニア(『ナルニア国物語』)とオズ(『オズの魔法使い』)と不思議の国(『不思議の国のアリス』)とウォンカの工場(「チョコレート工場のひみつ」)をあわせたみたい」と語った。
【好きな映画監督】
日本の監督では黒澤明に三池崇史、ヒッチコック、にヴィンセント・ギャローの名前があがった。そういえばギャローも俳優で監督でおまけに絵も描くマルチな才能の人ですね。
【初監督作品】
第5シーズンの注目のひとつは第16話。これはなんとマシューがメガホンをとった初監督作品。異常な話がいいとリクエストしたとのこと。マシューは大学で映画制作を学んだこともあり、かねてより一度監督をやってみたいとプロデューサーに志願していたらしい。「長い間いっしょに仕事をしてきて、気心のしれた共演者が背中を後押ししてくれたとし、スタッフも非常に協力的だった。ただ、自分自身も出演者なので、自分が出ているシーンの演出もしなければならないのが難しかった」。今後は毎シーズン一本はやっていきたいとのこと。楽しみですね。
【髪型】
ドラマの中でリードは髪型をかえてはモーガンにからかわれているが、これは設定というよりも、登場人物にも時の流れに応じた変化があるべきとのマシューのポリシーの結果。ただ髪型に関しては事前に許可を受けているわけではなく事後承諾。「変えちゃってから許してもらう方が、許可をもらうより簡単だから」だそうです。そういえば以前、インタビューか何かで、マシューは、シーズンファイナルのエピソードが次のシーズンに繋がっているので、シーズンオフには髪型を変えられないと語っていた。ということは、今回の大幅イメージチャンジはシーズン中のこと? このさっぱりヘアーをモーガンがどう評するのか、今から楽しみです。
【ギデオンの呪い?】
森久保さんとマシューのトークは面白すぎて、会場は何度も爆笑に包まれていたんですが、中でもとばしてたのが足の骨折の話。もうすっかり大丈夫とステップを踏んで見せた後、話がシェマー・ムーアの骨折、それに森久保さんもその時期に腕を痛めたんだという話になるや、「ギデオンの呪いだ(笑)」と一言。そういえばギデオンも第1シーズンで、スカイダイビングで脚を痛め現場に出られないエピソード(S1#11「テネシーの吸血鬼」)があったけど、あれも何か事故だったのかな。

2011.1.13|お知らせ|コメント(6)トラックバック(0)

「クリミナル・マインド5 FBI行動分析課」1月25日(火)放送スタート

いよいよ1月25日(火)より、「クリミナル・マインド5」の放送がWOWOWでスタートします。
衝撃的なラストを迎えた第4シーズン。
ホッチの運命は、そして、宿命のリーパーとの対決は?
目が離せない展開の第5シーズンを、どうぞお見逃しなく!


■「クリミナル・マインド5」公式サイト

2010.12.17|お知らせ|コメント(3)トラックバック(0)

クリミナル・マインド ブログスタート!

ようこそクリミナル・マインド ブログへ!

このたび「クリミナル・マインド2」の放送開始に合わせて、クリミナル・マインド ブログをスタートすることになりました。このブログでは、WOWOWで毎週放送される「クリミナル・マインド2」の2カ国語版放送(毎週火曜日の放送)終了後に、「エピソード・ガイド」を掲載します。

「エピソード・ガイド」は、ネタバレを含んだやや詳しいあらすじと、各話のチェックポイントをまとめたもの。放送を見逃してしまった方にも番組の内容がご理解いただけるようネタバレ覚悟でまとめますので、閲覧の際はご注意ください。

コメントも受け付けておりますので、ぜひご意見ご感想などお寄せください。お待ちしております!

※営利目的、第三者に不快感を与えたり個人情報を含む内容など、不適切なコメントは削除する場合がありますのでご了承ください。

2007.12.26|お知らせ|コメント(4)トラックバック(1)