クリミナル・マインド

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

ABOUT クリミナル・マインドについて

CATEGORY カテゴリー

WRITERS プロフィール

三村美衣
(みむらみい)

書評家。雑誌「活字倶楽部」、「SFマガジン」、産経新聞などで書評連載中。趣味は仕掛け絵本の蒐集。


6月24日(火)S8#24『レプリケーターの正体』

24

■レプリケーターの帰還

合成麻薬の事件が解決した夜、クワンティコのガルシアのシステムがレプリケーターの侵入を受けた。ホッチはニューヨークに滞在中のBAUのメンバーに緊急招集をかけるが、ストラウスには連絡がつかない。ロッシがホテルに駆けつけるが、部屋にストラウスの姿はなく、窓が開け放され、床にはミニバーのボトルが散乱していた。一度はアルコール依存症に陥ったストラウスだが、ロッシはサイドテーブルの上に残されていた断酒記念のメダルを手に、ストラウスが再び酒に手を出すはずがないと断言する。ホッチの携帯にストラウスから着信が入るが、しかし電話をかけて来たのはレプリケーターだった。緊急車両のサイレンの音から、電話を掛けてきた場所を見切ったホッチは、ストラウスを発見する。しかしレプリケーターに薬物をもられたストラウスは、そのままホッチの腕の中で息を引き取った。

■ストラウスが仕掛けた罠

ストラウスの命を奪ったのは、エクスタシーとメタンフェタミンの合成薬だった。レプリケーターはさっそく解決したばかりの事件を模倣したのだ。レプリケーターは電話で、ヘイリーを殺害したフォイエットの名前を出して、ホッチを挑発した。しかしヘイリー殺害の一件は公開されておらず、BAUは犯人が内部の人間ではないかと考えはじめる。検視の際にストラウスの腕に、数字の8が刻まれているのが発見される。レプリケーターからのメッセージと見られるが、しかしBAUが解決した事件にそんな事例はない。ホッチは、内部犯行であることを察知したストラウスが、罠を仕掛けたのではないかと推測し、彼女が提出した報告書を検証。やがてデトロイトで起きたフィル・コナーの事件に「被害者の手首に8の字の傷」という改竄が加えられているのが発見される。つまりこの報告書を読んだ人間の中に、レプリケーターはいるのだ。ホッチは司法省の議員にコンタクトをとり、この2年間に報告書を読んだ人間の名前を入手する。

■レプリケーターの正体

ストラウスの検視にたちあったロッシがオフィスに戻ってきた。机の上にあった報告書を手にとって読んだロッシは、心配して様子を見に向かったモーガンに銃を向けた。書類にはストラウスの腕を傷つけたワイングラスにモーガンの指紋がついていたと記載されていたのだ。ロッシの取り乱し方は尋常ではなく、ホッチは、彼が薬を盛られたことに気がつく。やはりエクスタシーとメタンフェタミンの合成薬が、報告書に付着していたのだ。皮膚からの吸収だったためにロッシの命には別状はなかった。ストラウスとロッシに盛られた薬は同一だが、ニューヨークで出回ったドクターデスとは別物で、もっと苦しむように調合されていた。生化学者で連邦議員でハッカー。果たしてレプリケーターとは、何者なのか……。わざわざニューヨークでストラウスを狙ったことには理由がある。そう考えたBAUは再度一連の事件を検証する。模倣はサイレンサー事件から始まった。ブレイクが転任してきた最初の事件だ。犯行のきっかけはブレイクの着任ではないか……。ブレイクとストラウスの間に溝ができた炭疽菌事件は、2001年にニューヨークで起き、炭疽菌は封筒で届いている。レプリケーターはこの事件で、ブレイク同様に不当な扱いを受け、復讐の機会を狙っていたのではないか。ストラウスの報告書を見た議員とそのアシスタントの中で、2001年当時にニューヨークにいて、現在も存命の人間はたった1人だけだった。ジョン・カーティス。ブレイクと同期で入局したが、炭疽菌事件の後降格され、地方に飛ばされた人物だった。

■レプリケーターとの対決

BAUは2機のヘリに分乗し、ジョン・カーティスが所有するヴァージニア郊外の広大な邸宅に急行する。しかしカーティスはヘリの自動操縦に侵入しヘリを不時着させ、機内からブレイクを連れ去った。BAUが屋敷に突入すると、彼女は椅子に繋がれており、邸内には爆弾が仕掛けられていた。解錠の文字は6種類で8個。数字と呼応する言葉は「ツークツワンク(zugzwang)」だ。リードは解読が簡単すぎることに疑問を抱きつつ解錠する。戒めを解かれたブレイクが動いた瞬間、圧力センサーが作動、扉が閉まり爆弾のカウントダウンが始まる。「ツークツワンク」、つまり動かないのが最上の手だったのだ。ガルシアとケヴィンが通信妨害で信号を妨害し爆発を遅らせる。その間に、薬物の影響のために一足遅れて現場に到着したロッシがチームを救出する。一行は退避するが、しかしロッシはひとり現場に残り、レプリケーターが確認のために戻ってくるのを待っていた。逃げられないと悟ったレプリケーターは、扉を閉めてロッシを道連れにしようとする。しかしロッシは予め、扉の間にストラウスの断酒メダルを挟み、扉が完全に閉まらないようにしていた。「ツークツワンク」。ロッシはそう言う館を脱出、その直後、レプリケーターごと邸宅は爆発する。

【格言】
「人が苦痛を感じるのは、売れるためではなく、目覚めるため。悔やむためではなく、賢くなるため」『宇宙戦争』で知られる英国の作家H・G・ウェルズ(1866年9月21日-1946年8月13日)の言葉。
「本当の家族を結ぶ絆は血ではない。互いの人生を尊び、喜ぶ心だ」リチャード・バックの言葉。リチャード・バックは、前回の「ホッチナー兄弟」につづき2回連続で使用されている。
【クレイマー議員】
ホッチが司法省で会った相手は、クレイマー議員。シーズン7の第一話「家族の絆」でプレンティスの公聴会にも登場しています。演じているのは『デスパレートな妻たち』のポール・ヤング、『マッドメン』のダック・フィリップス役のマーク・モーゼス。
【BGM】
エピローグで流れるのは、リリー・カーショウのAshes Like Snow。リリー・カーショウはシーズン4のファイナル『地獄からの帰還』で誘拐されたケリーを演じている。また『クリミナル・マインド』のディレクターのひとりであるグレン・カーショウの娘でもある。1年前、同じロッシの邸宅の庭で開かれたJJの結婚式のダンスシーンで流れたのも、やはりリリー・カーショウの曲だった。あれから1年。「去年はこの庭で、まったく違う祝杯をあげた。人生と、愛と、2人の善き人に。今年はあれと真逆の集いだ。しかし、それが家族ってもんだろ。大変な1年だった。だが今夜は祝福しよう。よく生き、よく愛した、よき女性に」ロッシの最後の言葉が、心にしみますね……。

2014.6.24|エピソード・ガイド|コメント(7)トラックバック(0)

6月17日(火)S8#23『ホッチナー兄弟』

23

■ショーンからの電話

ニューヨークでベスとの休暇を楽しむホッチの元に、弟のショーンから電話が入った。ショーンはシェフになる夢を諦め、今はエディンバラというクラブでバーテンダーをしているが、その彼の目の前で、女性客が目や鼻から血を流して死亡したというのだ。警察はエクスタシーの過剰摂取で片付けようとしていたが、ショーンは身体中から血を吹き出すという異様な症状と、さらに先週、元カノのリンダが同じ症状で死亡していることに不審感を募らせ、兄に助けを求めてきたのだ。ガルシアの調査で、ニューヨークで先週に同様の事件が3件起きていたことが判明。事件はこれで終わらないと見たBAUはニューヨークへと向かった。

■死の合成麻薬

BAUの予想は的中、今度はクラブのパーティイベントで6人の若者が死亡した。彼らはドラッグの効きが遅かったために、量を追加し、過剰摂取を起したのだった。検視の結果、ドラッグにエクスタシーの他にメタンフェタミンが混ぜられていたことが判明する。最近出回りはじめた合成麻薬で、メタンフェタミンによってエクスタシーの効果が隠れ、過剰摂取事故が相次ぎ、問題になっているものだった。しかしリンダも、先週死亡したエリック少年も、ドラッグを使用してはいなかった。やがて家族での食事中に、ハチェット夫妻が血を流して死亡する事件が発生。夫妻が食前に飲んだワインボトルから、エクスタシーとメンフェタミンが検出される。何者かがワインに合成麻薬を混入、エリックやリンダは、そのワインを飲んで死亡したのだ。

■ワインへの混入

エリックとハチェット夫妻が飲んだワインは、どちらもエディンバラに出荷されたものであることがわかり、BAUはエディンバラの誰かが、ワインボトルに薬物を入れたと推測する。事件の重さを痛感したショーンが捜査協力を申し出、隠しマイクを身につけて戻って、店長のセインとオーナーのピーターズにかまをかける。ピーターズはワインを全て捨てるようにセインに指示するが、パントリーに向かったセインはワインのケースから、一部だけを引き抜いて処分しようとする。なんと、セインはレイプ目的でワインに薬を仕込んでいたのだ。セインはショーンに2本を廃棄させ、さらにもう3本入ったケースがあるはずだとパントリーを探すが発見することができない。リンダの死がセインのせいであることを知ったショーンは激昂、BAUが突入してセインは逮捕されるが、オーナーのピーターズは逃走。ショーンも現場から姿を消してしまう。

■真相

その夜、ピーターズが、喉に合成麻薬を流し込まれ殺害される。犯人は合成麻薬でドラッグの使用者を殺そうとしたが、ワインの一件は意図したことではなかったのだ。計画を邪魔されて怒った犯人はピーターズに直接手を下したのだ。ピーターズの死に怯えたセインと従業員は、保護と引き換えにドラッグの入手経路を証言。国内への流通経路が判明する。そしてその経路にあるフランクリン空港の職員を調べたガルシアは、手荷物係スパイアーズの銀行口座に、定期的に大金が振り込まれていることを突き止める。不思議なことに、スパイアーズは4週間前に死亡しているが、その後も口座への入金が続いていた。何者かがスパイアーズを殺害し、なりすましているのだ。ピーターズと薬物に対する憎悪が犯行の動機と考えたホッチは、ガルシアに、空港職員で、最近、家族を薬物によって亡くし者がいないか調査するように指示。ラリー・フェレティッチという職員の娘が、ピーターズの店で、エクスタシーの過剰摂取により死亡していることが判明し、フェレティッチを逮捕する。エリックやハチェット夫妻が飲んだワインは、金に困ったショーンが、毒物が混入されているとは知らずに雑貨店に横流ししたものだった。事件解決後、ショーンはホッチを訪ね、罪を償ってやり直すことを誓う。

【格言】
「ひとつ屋根の下で家族が互いに成長を遂げるのは稀である」アメリカの作家、リチャード・バック(1936年6月23日-)の言葉。
「兄弟の争いほど悲惨なものはない」古代ギリシアの哲学者アリストテレス(前384年-前322年3月7日)の言葉。
【ゲストスター】
セイン役のショーン・マグワイアーは、イギリス出身の歌手、役者。子役で注目を集め、その後『イーストエンダーズ』などに出演。パロディー映画『ほぼ300<スリーハンドレッド>』ではレオニダスを演じている。ホッチの弟ショーンはシーズン1の16話「虐殺の儀式」にも登場。弁護士になるのをやめて、シェフになると語っていた。演じるのは『ルーキーブルー ~新米警官 奮闘記~』ルーク・キャラハン役、『ヤング・スーパーマン』のラナのボーイフレンドでフットボール部のスター選手ホイットニー・フォードマン役のエリック・ジョンソンだ。
【タイレノール事件】
1982年9月。シカゴで、頭痛薬タイレノールを服用し、7人が死亡した。タイレノールの製造・販売元が商品を回収して調べたところ、死亡した7人が服用したものを含め、8本の瓶のカプセルが、シアン化合物に入れ替えられていたことが判明する。事件は未解決だが、ユナ・ボマー(セオドア・カジンスキー)が関与した可能性もあるとされている。その後、この事件の模倣事件がいくつか発生し、1986年にはエキセドリンの瓶の中身がシアン化合物にすり替えられ、2人が死亡する事件が起きている。この事件は、被害者の妻が夫を殺害するために瓶に薬をいれ、それを隠蔽するために他の事件を引き起こしたと見られている。
【レプリケーター登場】
エピローグの最後のシーンで、ついにレプリケーターの姿が登場します! BAUのガルシアのコンピュータの画面が、チームの盗撮写真と「ツークツワンク」の文字で埋め尽くされ、ニューヨークでは、事件の捜査に同行したストラウスのホテルの部屋に、ひとりの男が現れる。その人物は、かなり面変わりしてますが、ルーク・スカイウォーカー、マーク・ハミルではないですか!! いったい彼は何者なのか、そして何のためにBAUをつけ狙っているのか……。シーズンファイナルとなる来週のエピソード「レプリケーターの正体」をお楽しみに!

2014.6.17|エピソード・ガイド|コメント(3)トラックバック(0)

6月10日(火)S8#22『夫婦の誓い』

22

■夫が妻を、そして妻が夫を……

デトロイトで2台の車のトランクから、2組の夫婦の遺体が発見された。最初はケイン夫妻、次がギャレット夫妻。拉致から殺害まで約1週間あり、どの遺体にも50ヶ所を超える刺し傷があった。夫婦の傷はちょうど鏡合わせで、場所も数もほぼ一緒で、妻の刺し傷は上から斜めに入っており、夫は水平方向だった。2組の夫婦は身長が異なるのに、刺し傷の向きが同様であることから、ブレイクは、向かいあった状態で夫が妻を、そして妻が夫を刺したことに気づく。犯人は互いに刺しあわせるために、夫婦を誘拐しているのだ。地理的プロファイルを行ったリードは、犯人は夫婦の行動パターンを熟知しており、2人をデート現場から拉致したと分析。しかし、たとえ2人であるために気をゆるめていたにしても、犯人がどうやって同時に2人を制圧したかに疑問が残る。やがて夫婦が拉致、遺棄された自家用車を調べたモーガンとJJは、車がハッキングされ、電子キーが無効にされていたことを突き止めた。

■第6の被害者

やがて第3の被害者メアリー・ハモンドが発見される。しかし今回、拉致・殺害されたのは、妻だけだった。ハモンド夫妻は毎週木曜に同じ店で食事をする習慣があったが、メアリーが拉致された日、夫は急な仕事で行くことができず、彼女はお店で待ちぼうけくらったのだ。これまでとは異なり、メアリーは監禁時間が短く、傷の数も少ない。その傷も全般的に浅く、最後だけは思い切り深くてほぼ即死だった。辛抱強い犯人が、夫と一緒になるのを待たずにメアリー1人を攫ったことも併せ、BAUは、犯人が既に別の男を誘拐していると考えた。そしてその推測を裏付けるように、さらに既婚女性エマ・チャーチルが消えた。「この犯行には第6の被害者。犯人にとって自分の結婚の失敗を思い出させるような男性が存在し、メアリー、そしてエマに対して同じ役割を果たすために生かされている。この第6の被害者の特定が犯人逮捕への近道になる」とBAUはプロファイルを発表する。

■被害者の車の走行履歴

ガルシアの調査で車がハッキングされたのは、拉致の3日前であることが判明する。被害者が車を修理工場や販売店に預けた記録はなく、犯人がどこで車をハッキングしたのかという疑問が浮上する。ホッチは自動車会社のCEOを集め、車の走行履歴の開示を要求する。ためらうCEOに対して、リードはカーナビの使用契約の際にユーザーは走行履歴の情報提供に同意させられていること指摘、ホッチは人命救助を理由にその場での承諾を迫る。こうして走行履歴を手に入れたBAUは、ハッキングされた日に、全ての車がスポーツ公園の駐車場に止められていたことを突き止める。第6の被害者も同じ場所で犯人に目を付けられた人物だと考えたBAUは、行方不明者リストのフィリップ・コナーという人物に着目する。彼の捜索願いが出されたのはメアリー拉致の直後であり、妻とは不倫の末の略奪婚と、犯人を刺激する要素が揃っているのだ。

■彼は被害者ではなく、犯人だ!

フィリップ・コナーの母親を訪ねたリードとブレイクは、彼もスポーツ公園にかよっていたが、それはトレーニングのためではなく、妻のマヤを監視するためであったことを聞く。マヤには何の落ち度もなかったが、略奪婚で彼女を手に入れたフィリップは、マヤがまた同じことをすると考えたのだ。フィリップは精神的に病み、自傷癖もあって、夫婦は既に別居中だった。その話を聞いたリードとブレイクは、フィリップが被害者ではなく、犯人であることに気づく。マヤが去ったことが犯行の引き金、そして3件目で夫を誘拐し損ねたために身代わりを演じ、もともと自傷癖のあるフィリップは、そこで新たな快楽に目覚めたのだ。監禁場所を突き止めるためにフィリップの経歴を調べたBAUは、彼がかつて勤めていたマクロプロセッサ工場が現在閉鎖中であることを発見する。しかし、追い詰めれば、フィリップはエマを殺害するに違いない。そこでブレイクは一計を案じ、妻のマヤを現場に伴う。フィリップはエマを盾にするが、マヤの説得に応じて投降する。

【格言】
「今年の自分と去年の自分は別人。それは愛する人も同じ。変わりゆく相手を、自分も変わりながら愛し続けられたら、幸運である」『月と六ペンス』などで知られる英国の小説家で劇作家サマセット・モーム(1874年1月25日-1965年12月16日)の言葉。

【ゲストスター】
ブレイクの夫ジェイムズを演じているのは、『スイッチ ~運命のいたずら~』で元メジャーリーガーの父親ジョンを演じているD・W・モフィット。フィリップ・コナーは『シークレット・サークル』でアダムの父親イーサンを演じていたアダム・ハリントン。

【イズラエル・キーズ】
アメリカのシリアルキラー。連続殺人、強姦、放火、銀行強盗などの容疑がある。最低でも3人、8人殺害の嫌疑がかかっているが、2012年に収監されていたアラスカの刑務所で自殺したため、犯行の詳細は明らかにされていない。リードが例にあげたのは、2011年のバーモント州エセックスでの、ビルとロレーヌのCurrier夫妻の殺害事件のこと。

【ナズ】
車の中でブレイクが無意識に口ずさむナズのヒップホップ。ナズは、14歳で学校をドロップアウト、ストリートでの生活に身を置きながら、独学で勉強をつづけ、18歳の時にメイン・ソースのアルバムでフィーチャーされ注目を集めた。リードがモーガンに無理やり聞かされたという『イルマティック』は、1994年にリリースされたナズのデビューアルバム。以降のアメリカ音楽シーンに大きな影響を与えたネオクラシックで、今秋には、発売20周年を記念したドキュメンタリー映画『Time Is Illmatic』が公開予定だ。

【ブレイク夫妻】
ブレイクの夫で国境なき医師団のドクターであるジェームズ。突然の帰国にブレイクは嬉しいと同時に、何かあったのではないかと不安ナ表情。我慢できずに、仕事場から時間を見つけ、ジョンに電話をかけて問いただしてみると、なんとハーバード大学から招聘されたというのだ。彼は「妻にも言語学教授のポジションを」と大学側と交渉、承諾を得たというのだ。仕事優先、ただし「夫婦に戻りたい」といつでも言える、というのが2人が結婚のときに決めたルールだった。しかし離れ離れなのもつらいが仕事にも愛着がある。メイヴとの別れを経験したリードは、そんなブレイクに、仕事に終わりはないが、幸せはなかなか見つからないとアドバイスする。事件解決後、救出され夫と抱き合うエマの姿を見たブレイクは、ジェイムズにこのまま仕事を続けたいと伝えるのだった。

2014.6.10|エピソード・ガイド|コメント(1)トラックバック(0)