クリミナル・マインド

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

ABOUT クリミナル・マインドについて

CATEGORY カテゴリー

WRITERS プロフィール

三村美衣
(みむらみい)

書評家。雑誌「活字倶楽部」、「SFマガジン」、産経新聞などで書評連載中。趣味は仕掛け絵本の蒐集。


7月5日(火)S5#22『インターネットは永遠に』

22

■SNSにはまる人々
アイダホ州ボイジーで、1人暮らしの女性が3人失踪した。失踪の間隔は2ヶ月。犯行の手口はまったくわかっておらず、争った形跡も、被害者以外のDNAも発見されていないし、被害者の容姿にも共通点がなかった。ただ被害者は皆、ソーシャル・ネットワークのヘビー・ユーザーで、ネットに食事の内容からデートの場所まで全て記載していた。3人目の被害者ドリス・アーチャーの家は、警備システムのコードを解除されているうえに、番犬も行方不明になっている。犯人はこのSNSを利用して被害者を物色、家に入り込んで合い鍵を作成、幾度も下見をくり返し、万全の対策を組んで犯行に及んだのだ。また、いずれのケースでも、犯人が被害者になりすまし、「出張」や「旅に出る」とSNSに投稿したため、捜索願いの提出が2、3日遅れていた。
■盗撮
ドリスの家から隠しカメラを取りつけた痕が発見された。しかし、通常、盗撮魔は密かに覗くことに快感を覚えるのであって、暴力に発展することはない。この犯人の盗撮には、何か他の意味があるのではないか、そう考えたホッチは、ガルシアに映像がネットにアップされていないか調査を指示した。ガルシアは犯人がドリス・アーチャーの殺害をストリーミングしていたこと、そして犯行をリアルタイムで見ていた観客がいたこと。また、犯人は被害者の家のLANをハッキングして映像を配信していたことを突き止めた。ハッカーは成功したテクニックをくり返し使う。そう考えたガルシアは、使用されたプロキシサーバーのルートにアラームを仕掛け、犯人が再び犯行に及ぶときに備えた。
■犯人はナルシストだ
被害者の容姿に共通点がないと考えられていたが、リードは被害者の顔に同じタイプの歪みがあることを発見する。映像に映った犯人の様子から、彼はナルシストであり、自分と同じ顔の女性を殺すことで、情報が永遠に残るインターネットに、自らを刻もうとしている。そして犯人が遺体を持ち去るのも、自分自身への執着の表れであり、遺体は全て保存されていると、分析。BAUは被害者の顔から逆に、犯人の人相の予想図を作成した。それを発見映像からの分析としてマスコミに発表、SNSへの個人情報の書き込みと併せ注意を促した。しかし「犯人と被害者の顔が似ている」というプロファイルがリークされてしまい、ナルシストの犯人は自己愛が傷つけられて暴走。怒りにかられた犯人は白昼堂々とターゲットの家に侵入、その様子をネットに配信した。ガルシアは懸命に犯人へたどり着こうとするが、間に合わないと判断したホッチはこの映像を生で見ているチャットのメンバーの方の捕獲を指示する。
■犯人の本名は判明したが……
やがて被害者の身元が判明し、モーガンとプレンティスは現場に急行する。既に犯人の姿はなく、遺体も持ち去られていたが、怒りに駆られた犯人はひとつミスを犯していた。彼は回線速度を速めるために、被害者の家のDSLケーブルを光ファイバーに変更、そのケーブルを残していったのだ。犯人は光ファイバーのデモンストレーションを理由に、被害者の家に入り、PCに近づいたのだ。やがてケーブルのIDからそれを使用した電話会社が判明、ケーブルを不正に使用したためにクビになった人物がいたことがわかった。マック・ジョーンズという名前とIDは盗まれたものだったが、ガルシアは偽造IDの写真から、犯人の本名と身元をつきとめた。本名はロバート・ジョンソン。拷問ビデオの所持で3回逮捕され、厚生施設から失踪した人物だった。しかし、本名はわかっても、現在の彼に近づくことができない。そんななか、チャットの参加者に、彼が「今夜のがベストだ」とメッセージを伝えていたことが発覚する。
■ガルシア対ジョンソン
ガルシアは、チャット参加者と連絡をとったハンドルネームを手がかりに、彼が最近ハッキングした家を突き止めた。その中から独身女性の独居住まいをピックアップ。リードが顔写真を分析し、次の被害者はルーシー・マスターズであると予測、自宅に急行する。しかし一歩及ばず、ルーシーは既に誘拐された後だった。犯人は捜査陣に挑戦するかのように、ルーシー・マスターズの映像を配信してきた。その映像を分析したBAUは、画面に通気口のようなものと霜が映っていることに着目、彼女が監禁されているのは大型フリーザーの中だと判断する。チャットの参加者の中に、家電販売店を経営者がいた。彼がフリーザーのメンテナンスをしていたに違いない、そう考えたロッシは、男を脅し、所在地を聞き出した。映像が始まってから3分が経過。ガルシアは時間を稼ぐために犯人のPCに侵入し、配信を中断させた。犯人がそれに気づき激情したところに、モーガンとプレンティスが駆けつけ、ルーシーは間一髪のところを救助。他の被害者の遺体も発見された。

【格言】
「コミュニケーションにおける最大の問題は意志が伝わったと錯覚することだ」19世紀にイギリス近代演劇を確立させたアイルランド出身の劇作家、劇評家ジョージ・バーナード・ショー(1856年7月26日-1950年11月2日)の言葉。
「インターネットは人類が初めて作った、人智の及ばぬ代物だ。それは人類最大のアナーキーな実験なのだ」Google社CEOエリック・シュミット(1955年4月27日-)。サン・マイクロシステムズ社でJavaの開発とインターネット戦略を担当、後に執行役員となるその後、2001年8月Google社の最高経営責任者に着任。この4月には会長となることを発表した。
【ゲストスター】
チャップマン役は、「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア」のジョーの会社の上司テリー・カヴァナーを演じたネッド・シュミッケ。
【ウォール】
被害者が母親に語った「それ先週ウォールに書いたわよ」というセリフ。このウォールというのは、書き込みや写真をはったりできるFacebookの基本ページのことだ。
【ナルシスト】
ナルシストという言葉は、リードが語ったようにギリシア神話に由来する。ナルキッソスはたいへん美しい青年で、ニンフのエコーは一目で彼のことが好きになった。ところがエコーは、女神に相手がくり返した言葉をくり返すことしかできないという呪いがかけられていたため、ナルキッソスとコミュニケーションがとれず、拒絶されてしまう。その後悲嘆にくれた彼女は、姿を失って木霊(エコー)になってしまった。ところがナルキッソスは、その冷酷な態度故に神の怒りを買い、水に映った自分の姿に恋するという呪いをかけられてしまう。水に映った自分の姿に見惚れ、毎日水を覗き込むが想いは通じず、やがて彼はスイセン(ナルキッソス)の花になってしまった、というのがそのエピソード。私たちは普段、うぬぼれの強い人を指して、軽い意味でこの言葉を使うことも多いが、リードが指摘している通り、本来はフロイトが使った心理学用語だ。
第6シーズン&スピンオフ放送決定!】
第6シーズン&スピンオフの「クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル」の放送が決定しました! 放送日程など詳細は公式ページでの発表をお待ちください。

2011.7. 5|エピソード・ガイド|コメント(23)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503483/52127132

この記事へのトラックバック一覧です: 7月5日(火)S5#22『インターネットは永遠に』:

コメント

リード髪切って超かっこ可愛かったshine
ホッチのツッコミもウケました!笑

シリアスで残酷な事件が多いから、こういう掛け合いが和みますshine

シーズンラストの23話観れないの残念ですね…
いつか観れるの楽しみにしてます!

今冬の新シーズンが本当楽しみです!shine

投稿: yukoane | 2011年7月 6日 (水) 15時47分

23話のゲストスターは『ロッキーホラーショー』のティム=ガンと聞いてとても楽しみにしていただけに、放送中止は残念です。ぜひ放送お願いします!次シーズンも心待ちにしています!

投稿: spectre | 2011年7月 7日 (木) 01時17分

23話、これまでの流れから行くと、第6シーズンへのクリフハンガーになってると思われます。新シーズン放映前に必ず放映してくれるものと信じています。

投稿: ゆきどり | 2011年7月 7日 (木) 07時39分

シーズン最後にしては中途半端な終わり方だなと思ったら、まさかのカット。所謂「配慮」ってやつですか。
私の場合、このドラマが1番楽しみで、これを観るために毎月の視聴料を支払っていると言っても過言ではないので、かなりがっかりしました。
まさか永遠に放送しない訳ではないでしょうから、いずれ解禁されるのを心待ちにしています。

投稿: なな | 2011年7月 7日 (木) 15時01分

自分もこの番組が見たくて放映料を払っているようなものです。輪番停電を題材にしている事を大きく広告し、ショックを受ける恐れをある方は視聴しない配慮をしたうえで流すべきだと思う。正直途中エピソードならともかく大事な最終話流さないとかありえないです。金返せレベル

投稿: よち | 2011年7月 8日 (金) 15時27分

最終話の中止が(実施されてもいない)真夏の輪番停電を利用した~とあるが、
このエピソードもインターネットのSNSを利用しまくってますよね?
停電よりも身近でしかもかなり怖い内容ですが放送はしたんでしょ、同じやん。
本当に金返せレベルの「過剰な判断」ですな。

「この冬、シーズン6放送決定」
とあったので最終話と合わせて放送するはずでしょう。

投稿: りょん | 2011年7月 9日 (土) 07時36分

リード可愛い。ホッチの突っ込みも…
[シーズン6]放送される時に、最終話も放映される事を願います

投稿: Lead | 2011年7月10日 (日) 10時18分

23話を放送してください。お願いします。

投稿: 和田 | 2011年7月10日 (日) 19時37分

このドラマが好きすぎて、アメリカに聖地巡礼に行ってきます。23話が見たくてたまらないです。シーズン6も楽しみにしているので、どうか放送してください。お願いします><

投稿: 8823 | 2011年7月11日 (月) 01時48分

眠れなくなったので助けてください。
CMファンの皆様、知恵をお貸しください。

シーズン4の#16「コールガール」の格言部分なんですが、
ハメットの言葉
「娼婦に金を払うのはあとから部屋をでてもらうためだ」
に対して犯人のミーガンが、
「ぴんとこないな、いつも男が先に出ていく」と自嘲的に語っている。
というものですが、読解力が無いか、大きな誤解で混乱しているのか、理解できません。

「あとから出てもらう」誰が?行為のあとすぐに男が、ってこと?

「ぴんとこないな」何が?

このやり取り、誰かわかりやすく説明してください。
好きなエピソードなので気になって仕方がない。
よろしくお願いします。

投稿: りょん | 2011年7月12日 (火) 00時29分

りょんさんへ
ハメットの格言→「お金を払ってでも男は女を後に残して去りたい」→「大抵の場合、女が男を捨てる」
だけどミーガンはそれがぴんと来ない訳なので「いつも男が女を捨てる」→「父親がまた私を捨てた」って感じてるってことかなぁと私は思ってました。

投稿: あん | 2011年7月12日 (火) 23時16分

私もこの番組見たさに、WOWOW契約しているようなものです。
早く23話を放送して下さい。
よろしくお願いします。

投稿: ノブリ | 2011年7月12日 (火) 23時40分

りょんさんへ
ハメットの格言→「お金を払ってでも男は女を後に残して去りたい」→「いつも女が男を捨てる」
ミーガンはそれがぴんと来ない訳なので「いつも男が女を捨てる」→「父親はまた私を捨てた」って感じてるってことかなぁと私は思うのですが。

投稿: あん | 2011年7月12日 (火) 23時42分

管理人様へ
二重に投稿してしまったので後の方を削除していただければ幸いです。
(できればこのコメントも)

投稿: あん | 2011年7月13日 (水) 07時54分

あんさん、ありがとうございます。

しかしゴメンなさい。
なんだかまだ、わたしにはぴんとこないな。
他の方の説明も聞きたいです。
よろしくお願いします。

投稿: りょん | 2011年7月13日 (水) 14時03分

米国在住の友人から録画を送ってもらって、一足先に23話を見ましたが、そんなに問題があるような内容ではなかったですよ。

ネタ的には輪番停電の地域を狙ってレイプ殺人が起きるという事件ですが、別に「停電」が原因でセキュリティが役に立たなかったから犯人に侵入されたとかじゃないのでほとんど関係ないんですよね…。
ラストはクリフハンガーでしたので、シーズン6の1話放送時に一緒に放送するのかな。誰がピンチになるかは内緒。


投稿: ジヨン・ドゥ | 2011年7月18日 (月) 09時11分


それすら聞きたく無かった…
ネタについては一切書かないでほしいな。

投稿: スケアクロウ | 2011年7月20日 (水) 01時33分

スケアクロウさん。
ネタバレしようが何だろうが個人の自由。ネタバレを禁じている場所以外はね。
普通、ネタバレされたくないなら一切ネットに触れないことが絶対条件なのでは?

投稿: カズト | 2011年8月 1日 (月) 21時01分

だいたい解るだろ。
自身の自由発信のためにデリカシー無くすのか。
「ネタバレしようがなんだろうが」
じゃねぇよwww

投稿: スケアクロウ | 2011年8月11日 (木) 22時19分

スケアクロウさん。
敬語を使えない時点で正論だろうが論外です。

投稿: カズト | 2011年8月12日 (金) 11時40分

>ネタについては一切書かないでほしいな

極力配慮してネタバレは書いてないつもりなんですけどねえ…?

それに、ネタバレうんぬんを言うなら、そもそもこのブログ自体が詳細なストーリーをきめ細かく解説付で紹介しているのだから、ネタバレどころの話ではないでしょうに。それを閲覧している人が何を訳の分からん難癖をつけるのか意味が分かりません…。

投稿: ジヨン・ドゥ | 2011年8月20日 (土) 05時02分

チャット方式止めませんか…
エピソードを見て、自身のコメントを書き込む。之だけで、良いはずですが… 放送されなかった「23話」のエピソード迄は…触れないで良いのでは…

投稿: 名無し | 2011年8月21日 (日) 05時52分

23話放送決定!
当たり前じゃんって思うけど(お金払ってるんだし)やっぱり嬉しいね!
このまま放送しないってことだったら、コールドケースの放送が終わったら2契約してるけど両方切ってしまおうって思ってたからね。

投稿: もこ | 2011年9月13日 (火) 02時11分

コメントを書く

   

海外ドラマ WOWOWオンラインへ

New 最新の記事

Archive 過去の記事

Comment 最新コメント

フル・フロンタル
on 3月25日(火)S8#12『ツークツワンク』
Sofia
on 5月6日(火)S2#18 『ニューオーリンズの切り裂きジャック』
よしか
on 3月20日(火)S6#10『シリアルキラーの娘』
hyper-graphia
on 12月 過去シーズン再放送のお知らせ
hyper-graphia
on 2月18日(火)S8#7『英雄との再会』

Others 関連情報

クリミナル・マインド関連

  • FBI心理分析官〈2〉
  • FBI心理分析官
  • グレイズ・アナトミー シーズン2 コレクターズ・ボックス パート1
  • グレイズ・アナトミー シーズン2 コレクターズ・ボックス パート2
ブログ:ココログ

「クリミナル・マインド:ブログ」は@niftyのウェブログ(blog)サービス「ココログ」で運営しています。
あなたもココログ始めてみませんか?ココログ(フリー)は、だれでも無料でご利用いただけます。

【ココログって何?】
【ココログ使い方ガイド】
RSS