クリミナル・マインド

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

ABOUT クリミナル・マインドについて

CATEGORY カテゴリー

WRITERS プロフィール

三村美衣
(みむらみい)

書評家。雑誌「活字倶楽部」、「SFマガジン」、産経新聞などで書評連載中。趣味は仕掛け絵本の蒐集。


6月7日(火)S5#19『死を呼ぶ砂漠』

19

■麻薬カルテルと不法移民の町
不法移民と麻薬密輸業者の横行するテキサス州の国境の町テルリングア。この町の保安官事務所の前に、人間の生首が3つ置かれているのが見つかった。検視によると、1人は死後1日か2日。2人は死後2、3ヶ月で、埋められていたのを掘り起こして首を切断したものと見られた。メキシコで2009年の1年間で、麻薬カルテルの抗争によって切断された頭部が10個発見されてる。しかし麻薬取締局は、頭部の腐敗の状況から、今回の事件はそれとは別の事件と判断して、BAUを呼んだのだ。被害者は3人ともヒスパニックで、夜の闇に紛れて国境を越えてくる不法移民だと考えられた。テルリングア保安官事務所に到着したホッチらを待っていたのは、地元の麻薬王オマール・モラレスの逮捕に腹を立て、保安官事務所の前を占拠する彼の手下達だった。
■死の聖人サンタ・ムエルテ
テルリングアのルイス保安官は、かつてブルックリンの殺人課にいたという女性。着任早々、不法移民の行方不明事件の捜査に着手し、様々な軋轢を生んでいた。しかし彼女は、事務所前の生首は、自分に対する威嚇だが、オマールがやったことではない。逮捕は保安官助手のボイドらによる独断だと語った。オマールの尋問を委ねられたホッチは、彼に切断された頭部の写真を見せた。するとオマールは「俺なら腸を引き抜いて動物に食わし、左手は女房、目玉は母親、舌は子供に届ける」と主張。さらに「犯人は死の聖人サンタ・ムエルテ」だと語った。保安官はオマールを釈放するが、その翌朝、今度は保安官の自宅前に生首が置かれる。ホッチは犯行は明らかに、保安官への怨恨によるものだと考えた。
■プロファイル
「犯人はヒューマン・プレデターと呼ばれるハンター・タイプ。群れの中から、年配が身体のどこかが不自由な者を選び、一人になったところを襲う。被害者に砂漠を走らせ、衰弱させた上で仕留めることから、犯人も身体になんらかのハンデを抱えていると考えられる。支配に快感を求めるタイプで、犯人は保安官に関わったことのある者で、保安官が失踪移民の捜査をはじめたことも知っており、捜査状況に精通している人物だ」プロファイルの内容を受け、捜査陣は手始めに不法移民に詳しい人物――手配師のリチャード・コラルから調査を始め、彼から国境付近に移民の隠れ家が点在しているという情報を得る。保安官は、隠れ家は短期間で所在を変えるために突き止めることは困難だと言うが、「短期間で所在を変える」という点を逆手にとり、ガルシアが「前歴者の所有、または短期間の賃貸物件、光熱費の増減が短期間に急上昇する」という条件で検索、3件の住所を割り出した。現地に向かったモーガンとプレンティスは、斡旋業者に囚われている移民を発見。その中に病弱な夫と砂漠ではぐれたという母子がおり、その子供は、国境越えは夜だったのに「太陽を見た」と語った。
■太陽と死の聖人
翌朝、ルイス保安官が遺体で発見される。遺体は内蔵を抜き取り、手と舌を切り取られていた。それはオマール・モラレスが自分ならこうすると語った通りの姿だった。犯人は捜査に関わり、オマールの発言を聞いていた人物。ホッチの尋問をミラーグラス越しに見ていた、保安官助手のボイドに嫌疑がかかる。その頃ボイドは、同僚のジェントリーと共にオマールの逮捕に向かっていた。しかしボイドは逮捕ではなく、オマールの一味を片っ端から撃ち殺し、最後には目撃者のジェントリーも射殺した。BAUはジェントリーに警告しようと携帯に電話をするが、プレンティスの電話に出たのは、ボイドだった。ボイドの無線を追跡。彼の父親が事故死したゴールデン・ハーベストという穀物倉庫に向かっていることがわかる。穀物倉庫の扉には太陽が描かれていた。ホッチ、ロッシ、プレンティス、モーガンは倉庫の前で、バギーに乗ったボイドと撃ち合いの末、ボイドを射殺する。一方ボイドの家の前からは、死体を埋めたとおぼしき痕跡が多数発見された。

【格言】
「ライオンは空腹の時だけ狩をする。飢えが満たされれば獲物と平和に共存するのだ」チャック・ジョーンズ(1912年9月21日-2002年2月22日)の言葉。ジョーンズは、ワーナー・ブラザースで多くの短篇アニメを手がけたアニメーターで監督。「本当の幸せとは何か誤解している人が多い。それは自分の欲求を満たすことではなく、価値ある目的に忠実に取り組むことだ」ヘレン・ケラーの言葉。ブルックリンの殺人課からテキサスにやってきて、忠実に仕事に取り組み、殺されたルイス保安官。
もし彼女がいなければ、事件は表に出ることなく、移民たちは殺され続けていたに違いない。「ニューヨーク市警の誇りだ」そう呟く、元警官であるモーガンの、誇らしいけど、でも辛そうな表情が印象に残りました。ヘレン・ケラーの格言はシーズン2の5話、シーズン4の24話につづく3回目ですね。
【ゲストスター】
ボイド役は、「ロー&オーダー: 性犯罪特捜班」に準レギュラーで出演しているマイク・ドイル。 オマール役のカート・カセレスは「プリズン・ブレイク」でスクレの従兄弟のヘクターを演じている。
【ケリー・スタイナー】
1961年8月生まれ。別名ヨセミテ・キラー。弟が幼児性愛者に誘拐され7年間監禁された末に自力で帰還、マスコミに大々的に報じられたが、その後バイク事故で死亡。さらに叔父も殺人事件の被害者という家族環境で育ったケリー・スタイナー。1999年2月に勤務先のロッジで母娘と娘の友人の3人、7月にハイキング中の女性を殺害し、公園内に遺体を捨てた。死刑の判決を受け、現在は前回のエピソードに登場したサン・クェンティン刑務所に収監されている。
【ストロング・セイフティ】
飛び出してきた移民斡旋業者をラリアットでのしたモーガン。「やるね」とプレンティスに褒められて「大学でストロング・セイフティだった」と返答。プレンティスは意味がわからない様子だが、これはアメリカン・フットボールの用語。ディフェンスチームの最後尾のポジションで、ストロングというのは攻撃人数の多い側のことを指す。つまり強力な攻撃を阻止する最後のディフェンスがストロング・セイフティなのだ。仲間思いのモーガンにぴったりのポジションと思ったのですが、ちょっと待て。モーガンは、シーズン2の第12話「疑惑のプロファイラー」の中では、自分はクォーターバックだったと言っていたはず。ちなみに、クォーターバックは攻撃チームの司令塔でチームの花形的なポジションです。
【軽妙な会話】
シーズン5もいよいよ終盤。シリアスなストーリーもいいが、和気藹々としたチームの雰囲気も「クリミナル・マインド」の魅力であると再確認させてくれる、好エピソードが続きます。行きのジェット機の中。昨年1年間で捜査官が2人殺された無法地帯での捜査ということで、モーガンはサブマシンガンを準備。それを見て「そもそもサブマシンガンを携帯する権限はないと思うんだけど」というリードに、「お前はな」とホッチとモーガンがユニゾンで突っ込み。リードの射撃といえばS16話の「スナイパー」が思い起こされますね。最近の注目は、回を追うごとに意外な一面が出てくるプレンティスではないでしょうか。ボイドのトレーラーハウスで、嗅覚と味覚に関するリードとの掛け合い、結末近くのモーガンとの怒鳴り合いも、新たな魅力となっています。そして次回のエピソードではさらに意外な特技が披露されます。お楽しみに。

2011.6. 7|エピソード・ガイド|コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503483/51819195

この記事へのトラックバック一覧です: 6月7日(火)S5#19『死を呼ぶ砂漠』:

コメント

保安官は気の毒でしたね。

私だけかも・・・ですが、今回は犯人が何故犯行におよんだか?がよくわかりませんでした。

お父さんの事故死と不法移民や麻薬密輸業者がどう関連してるのでしょう?

土曜日の再放送見たらわかるのかな?

投稿: SESAME | 2011年6月 8日 (水) 11時24分

犯人の動機…?????????????解らない。

投稿: Lead | 2011年6月15日 (水) 17時19分

コメントを書く

   

海外ドラマ WOWOWオンラインへ

New 最新の記事

Archive 過去の記事

Comment 最新コメント

フル・フロンタル
on 3月25日(火)S8#12『ツークツワンク』
Sofia
on 5月6日(火)S2#18 『ニューオーリンズの切り裂きジャック』
よしか
on 3月20日(火)S6#10『シリアルキラーの娘』
hyper-graphia
on 12月 過去シーズン再放送のお知らせ
hyper-graphia
on 2月18日(火)S8#7『英雄との再会』

Others 関連情報

クリミナル・マインド関連

  • FBI心理分析官〈2〉
  • FBI心理分析官
  • グレイズ・アナトミー シーズン2 コレクターズ・ボックス パート1
  • グレイズ・アナトミー シーズン2 コレクターズ・ボックス パート2
ブログ:ココログ

「クリミナル・マインド:ブログ」は@niftyのウェブログ(blog)サービス「ココログ」で運営しています。
あなたもココログ始めてみませんか?ココログ(フリー)は、だれでも無料でご利用いただけます。

【ココログって何?】
【ココログ使い方ガイド】
RSS