クリミナル・マインド

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

ABOUT クリミナル・マインドについて

CATEGORY カテゴリー

WRITERS プロフィール

三村美衣
(みむらみい)

書評家。雑誌「活字倶楽部」、「SFマガジン」、産経新聞などで書評連載中。趣味は仕掛け絵本の蒐集。


5月24日(火)S5#18『2つのBAU』

18

■殺人と誘拐
サンフランシスコの公園で、ホームレスの遺体が発見された。遺体は、激しく殴られた痕があり、後頭部に一発銃弾が撃ち込まれていた。「また始まった」現場を見た刑事はそう呟くと、FBIに協力を要請した。サンフランシスコに向かう前に、ホッチはやはりFBIのプロファイラーであり旧知の間柄のクーパーに呼び出された。クーパーによると、今回の事件はこれが初めてではない。2年前から毎年、同じ公園で、同じ日付に、3日連続で男の遺体が発見されている。そしてさらに、この連続殺人と平行して起きているもう一つの事件がある。毎回、連続殺人が止まった翌日、別の場所で父親と14~15歳でブルネットの娘の死体が発見されている。今回も、連続殺人の裏側で、一組の父娘が危険にさらされているというのだ。クーパーはストラウスにこのことを進言したが、捜査の許可はおりなかった。父娘に残された時間はあと3日。引き下がる気のないクーパーは、ホッチに合同捜査を持ちかけてきたのだ。
■殴り合う被害者
ホームレスの遺体には全身に内出血があり、暴行を受けているのは明らかだった。しかし、彼もまた拳に擦り傷があり、一方的に殴られていたわけではないことが判った。つまり被害者はストリートから掠われ、死ぬほど殴り合った末に処刑されているのだ。父娘殺人を担当するクーパーのチームは、行方不明の娘を手がかりに、誘拐されている父娘にたどりつこうとしていた。学校を休んでいる13歳から18歳の娘で、さらに父親も会社に出社していない者を抽出、こうしてベン・マクブライドと14歳の娘ジェーンにたどり着いた。マクブライド家に赴いたホッチとクーパーに、マクブライド夫人は、ふたりに昨日玄関に置かれていたというビデオを見せた。そこには、昨日公園で発見された男が撃ち殺される様子が写っていた。やがて同じ公園で、第2の遺体が発見された。現場に向かったプレンティスと、クーパー・チームのミックは、被害者の格闘の相手は第1の被害者だと推理。犯人は被害者同士を極限まで戦わせ、負けた方を処刑しているのだ。また、死体にはゴム製の銃弾によるみみず腫れが発見された。それは刑務所で暴動鎮圧に使われる手段だった。
■プロファイル
犯人は服役経験のある白人。年齢は30代。死体を遺棄した場所の選び方から見て、体格がいいか、身体を鍛えている。近隣住民に気づかれることなく複数の人間を監禁できる設備を持っている。毎回テンダーロイン地区で獲物を捕まえ、同じ公園に捨てている。支配欲が強く秩序的な人物だ。ブルネットの娘がいたが、自分が闘わなかったせいで娘を失う結果になっている。犯行日は娘に何かあった日付。犯人は激しい罪悪感から、自分自身の身代わりを選び、犯行に及んでいる――。プロファイルを受け、ロッシとプロフェットがサンクエンティン刑務所に、プレンティスとミックは犯人がホームレスの物色のために出没する可能性のあるテンダーロイン地区に、そしてモーガンとジーナはマクブライド家で手がかりを捜していた。ジーナは、心を閉ざしていたジェーンが、親が手に取れるような場所に日記を出しっぱなしにしていることに違和感を覚えた。彼女はカウンセリングに通っており、その一貫で日記を書かされていた。そのカウンセラーのいる場所がテンダーロイン地区だった。
■娘を失った父親
ジェーンが通っていたカウンセラーは福祉局の査定も引き受けていた。犯人は娘と引き離され、同じ施設に足を踏み入れた可能性がある。そう考えたクーパーは、ガルシアに福祉局の査定で養育権を失った男のリストを作るように指示。その名簿を事件の日付に死亡した少女のリストとクロス検索しようとしたとき、刑務所に出かけたプロフィットから電話が入った。刑務所に、娘が死んでから人が変わり、ボクシングを始め、「死ぬまでやろう」とケンカを売って歩いていた囚人がいたというのだ。その囚人の名前はジョン・ヴィンセント・ベル。妻と離婚、その後、妻が死亡した際に、娘を引き取ろうとしたが、保護者不的確と査定。娘を引き取りにきた福祉局の職員を殺害し、7年の刑に処された。さらに服役中に娘が交通事故にあい、生命維持装置に3日間つながれ、死亡した。彼は、誘拐した父親に、娘を守るための殴り合いをさせているのだ。父親なら誰でもそうする、という照明のために。
■追跡
ガルシアが、ベルが潰れたスポーツクラブを所有していることを発見。捜査陣が急行したところ、そこには傷だらけの父親ベンが一人残されていた。ベンは、娘のジェーンのために、ベルが命じるまま、見知らぬ相手と死闘を繰り返していた。このままでは父親が殺されてしまう――そう考えたジェーンは父親を守るために、ベルといっしょに行ってしまったのだ。二つのチームはベルの行方を追った。クーパーはヘリコプターで空から。ミックは狙撃手の目でビルの屋上から。ジーナ、モーガン、プレンティスは車で。クーパーは追い詰められた人間の習性で、屋上に出ると予測、ビルの屋上に出てきたベルとジェーンを発見する。屋上にかけつけたプレンティスたちの目の前で、追い詰められたベルはジェーンを放し、ビルから身を投げた。ジェーンを無事に保護、プレンティスはベルが飛び降りた場所を覗き込む。するとそこには庇があり、犯人は銃口をこちらに向けていた。危機一髪のプレンティスを救ったのは、向かい側のビルにいたミックの狙撃だった。

【格言】
「私はある逆説に気づきました。苦しくなるまで愛せば、苦しみは消え、さらなる愛だけが残るということに」マザー・テレサ(1910年8月26日-1997年9月5日)の言葉。
「見ることのできない目を開き、囚われ人たちを、牢獄の暗闇から救うために」プロフェットと服役時代に常に口にしていたというこの台詞は、旧約聖書のひとつ『イザヤ書』の42章に記された神の言葉だ。
【ゲストスター】
父親のベンは「サード・ウォッチ」のボスコ役のジェイソン・ワイルズ。なんと「クリミナル・マインド」には2回目の登場で、前回の「サイコドラマ」(S24話)では犯人役だったが、今回は娘のために戦う父親を演じている。娘のジェーンは、「ゾーイ101」でヒロインゾーイのルームメイトを演じたアレクサ・ニコラス。犯人のビンセント・ベルは、「ベイ・ウォッチ」に出演していたジェイソン・ブルックスだ。
【サン・クエンティン刑務所】
サンフランシスコの北部に位置する州立刑務所で死刑囚も収監している。1852年に設立された、州内でもっとも古い刑務所である。過去にはサクラメントの吸血男リチャード・チェイス(獄中死)、チャールズ・マンソン(現在は州立コーコラン刑務所に移送)などが、現在も“デートゲームキラー”ロドニー・ジェイムズ・アルカラ、ローレンス・ビッテイカー、“遊歩道殺人鬼”デヴィッド・カーペンター、“ナイトストーカー”リチャード・ラミレスらが収監されている。
【もうひとつのBAU】
クーパー率いるBAUは、2011年2月16日より放送開始したスピンオフCriminal Minds: Suspect Behavior(原題)のチームだ。スピンオフ放送に先駆けて作られたのが、今回のエピソードだ。現在アメリカ本国では水曜の夜9時から「クリミナル・マインド」10時からCriminal Minds: Suspect Behavior(原題)が続けて放送されている。冷静な分析が売り物のホッチのチームとは、性格の異なるもうひとつのBAU。型破りなメンバーを紹介しておこう。
■サム・クーパー
チームリーダーは。自由な発想からもうひとつのチームを作ったベテランプロファイラー。武術の達人。演じるフォレスト・ウィテッカーは、『ラスト・キング・オブ・スコットランド』でアミン大統領を演じ強烈な個性を放ち、アカデミー賞を受賞した。
■ジーナ・ラサール
軍人の父親を持ち、士官学校に進むが、FBIに入局。演じるボー・ガレットは『トロン:レガシー』でジェム役で注目された。
■ミック・ローソン
英国特殊部隊あがりの捜査官、狙撃手。マット・ライアンは役柄と同じ英国出身。ロンドンとブロードウェイで上演されたジュード・ロー主演の『ハムレット』で、ハムレットの親友のホレイショーを演じた。
■ジョン・プロフェット(預言者)・シムズ
現在仮採用中のFBI特別捜査官で、サン・クエンティン刑務所に6年と3ヶ月と4日服役した元囚人。演じるマイケル・ケリーは「特捜チームレベル9」や「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」などに出演している。
【ガルシアがスピンオフシリーズにも登場】
なんとガルシアはこのもうひとつのチームにも分析官として協力。毎回登場しているらしい。今回はサム・クーパーとちょっと言葉を交わしただけだけど、他のメンバーとの絡みも楽しみですね。また今回は登場していないが、熱くなりがちなチームの抑え役で、ジャニーン・ギャロファロー(『24 -TWENTY FOUR-』第7シーズンでクロエと犬猿の仲のジャニス・ゴールドを演じていた)も出演している。

2011.5.25|エピソード・ガイド|コメント(15)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503483/51748208

この記事へのトラックバック一覧です: 5月24日(火)S5#18『2つのBAU』:

コメント

「もうひとつのBAU」カッコいいですね!

何より最後のエミリーをさらっと助けるミックにキュンキュンきてしまいました!

登場してから、エミリーとの掛け合いが面白かったのですが、まさか最後に私のハートまで打ち抜かれるシーンがあるなんて(笑)

「もうひとつのBAU」放送絶対見ます!

投稿: senri | 2011年5月26日 (木) 15時35分

ボスコがボスコの吹替の方で、嬉しかったです。
さすがWOWOW!
スピンオフも放送決定感謝‼

投稿: タロママ | 2011年5月27日 (金) 09時19分

2回位に分けて、じっくり見たかったな〜という感じです。

投稿: ろん | 2011年5月28日 (土) 21時32分

もうひとつのBAU!「CSI」もスピンオフが独立したドラマにまで発展したのでこちらも楽しみです。
すでに放映決定との事、wowow契約していて良かった~♪これからも期待しています!!

投稿: yass | 2011年5月30日 (月) 15時29分

最終回が放送されないって本当ですか?
今回の放送には関係ないのですが、最終回の放送が見送られるという事に驚きを覚えています。
クリミナルマインドはファーストシーズンから見ており、毎週楽しみにしております。
このドラマはシーズンの最終話がネクストシーズンの最初話と直結しており、今シーズンと次シーズンを繋ぐ重要なエピソードだと思っております。
そのような重要なエピソードが放送されない事は、非常に残念でなりません。
この予定が覆ることはないのでしょうか?
どなたに連絡を差し上げればよいのか分からなかったので、ココに書き込むことに致しました。
見当違いの内容で申し訳ありません。
長文失礼しました。

投稿: サンダルを履いた猫 | 2011年5月30日 (月) 19時30分

サード・ウォッチのボスコが出てるなんて懐かしいし感激しました~今も素敵!もう1つのBAUはあまりにも違う雰囲気でビックリです。ついていけるかな~。

投稿: ichi | 2011年6月 2日 (木) 00時56分

bearing最終話が放送されないと知り、ショック…ガックリです(泣)

しかも最終話…。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

輪番停電今のところないようなので放送復活しませんか(ノ_≦。)

投稿: かざみ | 2011年6月 2日 (木) 19時13分

今シーズン最終話が放送されないことに私も違和感を感じ、また非常に残念に思います。最終話は大抵クリフハンガーで「続く。。。」で終わりますから、次シーズン1話目も放送できないことになりますよね?
上記"かざみ"さんもおっしゃるように、輪番停電は今現在実施予定はありませんし、地上放送と違い誰の目にも触れる放送ではありませんので、問題はないと私は思います。
再考を私も希望します。


それと、ドラマのページ下部にある「スペシャルサイト」の欄に、なぜかクリミナルのリンクがなくなってしまっていますが、修正されないのでしょうかね?
どちらも、ここに書き込んでも仕方のないことかも知れませんが。。。

投稿: tristan | 2011年6月 3日 (金) 16時15分

最終話が、放送されないなんて…輪番停電、今はなさそうですし…
どうか…放送される事を願います。

投稿: Lead | 2011年6月 5日 (日) 23時44分

最終回が、放送されないって本当ですか?毎週楽しみにしているので、とても残念です。せめて次のシーズン前に,放送される事を、願います。

投稿: QZMAMA | 2011年6月 6日 (月) 20時31分

皆さん同様、最終回が放送されないなんてあんまりです

放送の最初に注意のテロップを流すとか、見たくない方々への配慮を施した上で何とかなりませんか?

受信料払ってるのに、ひどい~!

投稿: 1mokyu | 2011年6月 7日 (火) 19時21分

(ρ_;)皆さま同様、最終回が放送されないなんて信じられないです。。どうかどうか楽しみにしているファンの為にも放送して頂きたいです!

投稿: riekichi | 2011年6月 8日 (水) 00時38分

最終話のこと、皆様に同意です。

輪番停電への配慮とは、視聴者よりも電力会社への配慮でしょうかね。
テレビ各局さんとも「電気止めるぞ」って言われるのが怖いみたいですから。
だからって放送しないのはお金を払って見ている我々視聴者を馬鹿にしています。

WOWOWさんには是非放送して欲しいです。
曜日や時間は問わないので。

内容に関係ないコメントですみません。

投稿: きょん | 2011年6月 8日 (水) 09時24分

最終話が放映されないとのこと、残念でなりません。
「輪番停電への配慮」というのは、きょんさんが仰っているような電力会社への配慮というよりも、おそらくはこの話を真似た犯罪が行われてしまう可能性をおそれてのことではないかと思われます。
でも、DVDが発売されたら同じなわけですから、wowow加入者には是非放映してほしいです。

--というか、まさか今後発売されるDVDからもカットされるなどというアホなことはないでしょうね。。。ちょっと、不安。。。

投稿: さかさま | 2011年6月 9日 (木) 22時04分

先日、某テレビ局で放射能を使った殺人事件の話を放送していました。それが放送できて輪番停電の殺人事件が放送できない理由を教えてください。色々な意見があるのはわかりますが、考えなおしてほしいと思います。

投稿: マグダラのMaria | 2011年6月11日 (土) 18時57分

コメントを書く

   

海外ドラマ WOWOWオンラインへ

New 最新の記事

Archive 過去の記事

Comment 最新コメント

フル・フロンタル
on 3月25日(火)S8#12『ツークツワンク』
Sofia
on 5月6日(火)S2#18 『ニューオーリンズの切り裂きジャック』
よしか
on 3月20日(火)S6#10『シリアルキラーの娘』
hyper-graphia
on 12月 過去シーズン再放送のお知らせ
hyper-graphia
on 2月18日(火)S8#7『英雄との再会』

Others 関連情報

クリミナル・マインド関連

  • FBI心理分析官〈2〉
  • FBI心理分析官
  • グレイズ・アナトミー シーズン2 コレクターズ・ボックス パート1
  • グレイズ・アナトミー シーズン2 コレクターズ・ボックス パート2
ブログ:ココログ

「クリミナル・マインド:ブログ」は@niftyのウェブログ(blog)サービス「ココログ」で運営しています。
あなたもココログ始めてみませんか?ココログ(フリー)は、だれでも無料でご利用いただけます。

【ココログって何?】
【ココログ使い方ガイド】
RSS